気持ちをわかってくれないトレーナー達

未分類

歌を上手くなりたい!

と思った時に真っ先に思い浮かべるのはボイストレーニングに通うことですね。

実際、僕も本気で上手くなりたかったので専門学校にも通いましたし、それとは別に個人でされてるトレーナーさんにもレッスンを受けていました。

毎朝早起きしてボイトレ本のCDを聞きながら発声練習

授業も真面目に出席し皆勤賞

週末は15000円の月謝を払いスタジオでレッスン

“これで完璧だ!”

“夢にまで見たハイトーンボイスが手に入るぞ!”

そう思ってましたが、しかし

全く変わらなかったのです!!

むしろどんどん喉締めが酷くなって声が枯れるばかり

こんな僕を見かねた先生は僕に

“ちょっと 真面目にやってる~?”

とてもショックでした。

こんなにもがんばっているのにそんなことを言われるのかと

でも、実際できていないのだから仕方ないと思う自分がいるのも事実でした。

結果からいうと僕の練習の方法や意識するポイント根本的に間違っていたのでした。

それではなぜプロと言われるボイストレーナー達が僕の間違い気づけなかったのでしょうか?

そもそもボイストレーナーとは?

ボイストレーナーとは発声や歌唱を指導してくれる人のことです。

ただ公的な資格などは存在しないので、極端な話誰でもボイストレーナーと称することができるのです。

悪い言い方になりますがトレーナー約半数以上がアーティストくずれで、自分の音楽だけじゃ食っていけないから副業としてやっているのです。
もちろんキチンとした知識と情熱をもって指導されてるトレーナーさんもたくさんいます。

そして、そういうトレーナーに共通するのが

元から歌が上手い人

だったりするのです。

アーティスト活動の片手間でトレーナーをしている専門学校の同期も入学した頃から歌が上手かったですし、冷たい言葉をかけた専門学校の先生も卒業生で昔から上手かったからそのまま講師をやっていたりと発声に関してなんらつまづいたことのない人達が指導している場合が多いのです。

そりゃ、僕の気持ちなんかわからないよ!!

なので、ここでボイストレーニングに通いたい方向けにトレーナーを選ぶ基準をご紹介します。

1.もともと歌えなかったが、練習を通じて歌えるようになったということ

2.日々研究を重ね努力を怠っていないこと

3.声、歌が魅力的なこと

4.人柄、人間性

ボイストレーニングスクールの大半は体験レッスンをやっていると思うのでまずはそこで質問などして見極めればいいと思います。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました